リーファトロジーの哲学 / Philosophy of Lifatology

美しき曲々の和訳、遺書としての。時に考察

Radiohead - No Surprises

「OK Computer (1997)」より


 


A heart that's full up like a landfill
ゴミ溜めみたいにいっぱいの心
A job that slowly kills you
仕事は君をじわじわと殺す
Bruises that won't heal
傷は癒えないまま

 


You look so tired, unhappy
君はすごく疲れ果てて、悲しそうに見える
Bring down the government
政府に負けちゃだめさ
They don't, they don't speak for us
奴らは、僕らのことなんてお構いなしだから

 


I'll take a quiet life
僕は静かな人生を選ぼう
A handshake of carbon monoxide
一酸化炭素と握手して

 


No alarms and no surprises
心をかき乱すものなんて何もない
No alarms and no surprises
心をかき乱すものなんて何もない
No alarms and no surprises
心をかき乱すものなんて何もない
Silent, silent
ひたすらに静かな

 


This is my final fit, my final bellyache with
発作も胃痛もこれで最後
No alarms and no surprises
心をかき乱すものなんて何もない
No alarms and no surprises
心をかき乱すものなんて何もない
No alarms and no surprises
心をかき乱すものなんて何もない

 


Such a pretty house, and such a pretty garden
なんて素敵な家。なんて素敵な庭
No alarms and no surprises (let me out of here)
心をかき乱すものなんて何もない(ここから出してくれ)


Copyright (c) 2019-21 リーファトロジーの哲学 / Philosophy of lifatology All Rights Reserved.