リーファトロジーの哲学 / Philosophy of Lifatology

美しき曲々の和訳、遺書としての。時に考察

Radiohead - Fake Plastic Trees

「The Bends (1995)」より


A green plastic watering can

プラスチックの緑のじょうろで

For a fake Chinese rubber plant

中国製の偽物のゴムの木に水をやって

In the fake plastic earth

プラスチックの、偽物の土を潤す彼女

 

 

That she bought from a rubber man

じょうろを売った男はゴムでできていて

In a town full of rubber plans

町は、ゴムでできた企てに満ちていた

To get rid of itself

町自身、消えてしまうほどに

 

 

It wears her out

彼女は擦り切れていく

It wears her out

彼女は擦り切れていく

It wears her out

彼女は擦り切れていく

It wears her out

彼女は擦り切れていく

 

 

She lives with a broken man

彼女と一緒に住んでいるボロボロの男は

A cracked polystyrene man

ひび割れた、ポリスチレン製の男で

Who just crumbles and burns

ただ、身をポロポロと落として、燃え尽きるだけ

 

 

He used to do surgery

奴は、80年代には

For girls in the eighties

女の子たちに整形を施してたらしいけど

But gravity always wins

重力に勝てたことはなかった

 

 

And it wears him out

そして、奴は擦り切れていく

It wears him out

奴は擦り切れていく

It wears him out

奴は擦り切れていく

Wears him out

奴は擦り切れていく

 

 

She looks like the real thing

彼女は偽物じゃないように見えるんだ

She tastes like the real thing

彼女は本物の味がするんだ

My fake plastic love

僕の、まがい物のプラスチックの愛

 

 

But I can't help the feeling

けど、そんな心を抑えきることもできない

I could blow through the ceiling

もし、振り返って走っていくことが出来たら

If I just turn and run

どこまでも高く飛んでいけるのに

 

 

And it wears me out

そして、僕は擦り切れていく

It wears me out

僕は擦り切れていく

It wears me out

僕は擦り切れていく

It wears me out

僕は擦り切れていく

 

 

And if I could be who you wanted

もし、君が求めた誰かになれたら

If I could be who you wanted

もし、君が求めた誰かになれたら

All the time

いつも求めた誰かに

All the time

いつも求めた誰かに


Copyright (c) 2019-21 リーファトロジーの哲学 / Philosophy of lifatology All Rights Reserved.