リーファトロジーの哲学 / Philosophy of Lifatology

美しき曲々の和訳、遺書としての。時に考察

Blur - Country Sad Ballad Man

Blur (1997)」より


 


Yeah, I found nowhere
そう、行き場はどこにもない
It got to know me
僕を知る場所もない
Let me sleep all day
一日中眠らせてくれ
Spend the money
金を使わせてくれ
I haven't felt my legs
足の感覚がない
Since the summer
前の夏から
And I don't call my friends
友人も呼ばない
Forgot their numbers
番号を忘れたから

 


V.I.P 223
V.I.P 223 ※
I had my chances, they had me
チャンスはあった。あるいはチャンスに僕があった
Now I stay up nights, watch TV
今は夜遅くまで起きて、テレビを見る
I'm country sad
僕は田舎の悲しい ―
I'm a ballad man
僕はバラード・マン

 


I'm on the comeback road
僕は復帰の道をたどる
Yeah, I'm a blizzard
そう、僕はブリザード
And in my motor home
キャンピング・カーで
Sweat on my pillow, all night
一晩中、枕に汗をかく

 


V.I.P 223
V.I.P 223
I had my chances, they had me
チャンスはあった。あるいはチャンスに僕があった
Now I stay up nights, watch TV
今は夜遅くまで起きて、テレビを見る
I'm country sad
僕は田舎の悲しい ―
I'm a ballad man
僕はバラード・マン

 


V.I.P 223
V.I.P 223
I had my chances, they had me
チャンスはあった。あるいはチャンスに僕があった
Now I stay up nights, watch TV
今は夜遅くまで起きて、テレビを見る
I'm country sad
僕は田舎の悲しい ―
I'm a ballad man
僕はバラード・マン


※以下サイトによれば、「V.I.P 223」は「Farfisaの1972年製キーボード・オルガン」を指すらしいです。
<https://songmeanings.com/songs/view/4468/> 


Copyright (c) 2019-21 リーファトロジーの哲学 / Philosophy of lifatology All Rights Reserved.